和尚のひとりごと№1702「六時礼讃 中夜礼讃212」

和尚のひとりごと№1702「六時礼讃 中夜礼讃22」

 

 

 

 

【原文】

亦無女人悪道怖
衆人至心敬彼尊
故我頂礼弥陀尊
願共諸衆生 往生安楽国

【読み下し】

また女人・悪道の怖れもなし。
衆人、心を至して彼の尊を敬う。
故に我れ、弥陀尊を頂礼したてまつる。
願わくは諸の衆生と共に 安楽国に往生せん。

【意味】

女性や悪道に生まれる恐怖もない。
皆、心より阿弥陀如来を敬う。
この故にわたくしは阿弥陀尊に頭面礼足ひれ伏して
願わくはすべての衆生と共に、安楽国に往生できますように。

 

※『善導 六時礼讃 浄土への願い』原口 弘之、宇野 光達 訳注を参照させて頂きました。
訓読は同書の読みを使用させて頂いております。

六時礼讃は浄土宗のみならず浄土系のさまざまな宗派でも大切に読み継がれており、わたくしたちの浄土の御教えのルーツとなっているものです。
多くの皆さまにとり六時礼讃がより身近なものとなり親しんで頂けますように。