上人列伝

和尚のひとりごとNo121「どんな時代」

 

和尚のひとりごとで幾人かのご上人をご紹介させていただき、~年にお生まれになって、~年にお寺に出家してなどと書いてきましたが、~年にしましたと書かれていても、歴史に詳しくないと、どんな時代だったのかわからないかと気づきましたので、まずは、法然上人がおられた時代を案内したいと思います。

 

法然上人は1133年にお生まれです、この時代は、平安時代の終わりごろになり、朝廷内では、権力闘争が激しく大きな戦乱も起こっていました。その影響は地方にも及んでいました。1141年におこった法然上人の父である漆間時国(うるまときくに)が明石源内武者貞明に襲われて亡くなる事件もその一例になります。漆間時国 明石貞明らは、地方に派遣された役人で、役人同士での争いも多くありました。

 

法然上人はその後、比叡山へ入り修行されます。比叡山から京都や奈良のお寺に遊学はじめた1156年は、「保元の乱」という大きな戦があり、京の都は亡くなった方や、家族をなくした子供、住む場所をなくした人々がたくさんいたそうです。

その光景をご覧になり、このような人々が救われるにはどうすればいいかと考えられるようになりました。

 

比叡山に戻られ、浄土宗を開かれる1175年まで比叡山黒谷に籠られました。

時代は、「平治の乱」によって、平氏が権力をにぎり、平清盛の時代になります。

 

開宗され、京の都にて活動はじめる1175年以降は平家の権勢に陰りがみえ、源頼朝が台頭してきます。

法然上人が京の都にて布教されていた時代は、源平合戦がおこなわれていた時代です。

鎌倉幕府が出来る1190年代には、法然上人を慕って多くのお弟子さん達が集まっていました。頼朝の奥さんの北条政子とも親交があり、手紙などが残っています。

 

こうしてみると法然上人はほぼ戦乱の時代に活動されたといえます。

混乱した時代だからこそ多くの人々がお念仏によって救われた事だと思います。

 

現代も混乱ではありませんが、混迷の時代ではないでしょうか。

こんな時代こそ法然上人の教えを守り、お念仏を称えましょう。

南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏・・・・・・・

 

和尚のひとりごとNo119「三祖記主禅師然阿良忠上人」

 

一向上人の師であり、浄土宗の三代目である良忠上人について紹介します。

 

良忠上人は、正治元年(1199年)島根県三隅町に生まれ、13歳の時に天台宗寺院の鰐淵寺(がくえんじ)に入り、16歳の時に出家されました。

良忠上人は、その後、禅 真言 法相 華厳 律 倶舎等を修められ、34歳の時故郷の岩見にもどり、多陀寺(ただじ)において5年にもわたる不断念仏を修めます。

修行のさなか生仏法師から、九州におられる浄土宗二祖聖光上人に会う事を勧められ、九州に向かわれます。嘉禎2年(1236年)9月、福岡県の天福寺(てんぷくじ)にてお逢いになり弟子入りされました。

二祖聖光上人の許にて修学し浄土宗の教えの全てを受け継ぎ、翌年の嘉禎3年8月、二祖聖光上人の後継者として認められ、浄土宗の三祖に認められました。良忠上人39歳の時です。

良忠

歴仁元年(1238年)島根県にもどり、広島県など中国地方の教化活動を約10年の間行い、宝治2年(1248年)には、京の宮中にて                「浄土三部経」を講じています。信濃の善光寺(ぜんこうじ)に参拝後関東に向かわれ、建長元年(1249年)には下総国にて教化活動を始められました。現在の千葉県 茨城県を約10年にわたって教化され、文応元年(1260年)鎌倉へと向かわれました。

鎌倉で、北条一族の大仏朝直(おさらぎともなお)の帰依を得て、悟真寺を建立し、この地にて多くの弟子を育成されました。後の鎌倉光戒光明寺です。

健治2年(1276年)には、弟子の要請によっての都に向かわれ、当時、都にて混乱していた浄土宗の統一と復興に尽力します。

弘安9年(1286年)には鎌倉へと戻られますが、翌、弘安10年(1287年)89歳で入寂されました。

 

後に、朝廷より「記主禅師」の号を賜ります。

 

良忠上人は多くの書物を書かれ、弟子も数多く輩出し、弟子たちは全国各地へと浄土の教えを弘めていき、浄土宗の基盤を築かれていきました。

 

今私たちが法然上人の教えを受け取ることが出来るのも、良忠上人や歴代の御門主の尽力のおかげではないでしょうか。

感謝をこめて、南無阿弥陀佛 南無阿弥陀佛 南無阿弥陀佛・・・・

和尚のひとりごとNお118「一向上人」

 

一向上人は、歴仁2年(りゃくにん)(1239年)筑後国西好田(現在の福岡県久留米市)の国司(現在の知事と裁判官と警察署長を合わせた役職)草野家の一族(草野家当主 草野太夫永平の弟冠四郎永泰の子)に生まれます。

草野家は、浄土宗第二祖聖光房弁長上人(しょうこうぼうべんちょうしょうにん)を支援し、大本山善導寺を建立した大変有力なお檀家さんでした。

 

上人7歳の時、播磨国(姫路市)の西の比叡山と称される「書写山圓教寺」に入り、天台教学を学ばれ、15歳の時に剃髪出家され「俊聖」と名乗りました。

圓教寺で9年間修行され、その後、南都に遊学(奈良のお寺を学び周る)されます。

 

正元元年(しょうげんがんねん)(1259年)上人21歳の時、鎌倉光明寺の浄土宗第三祖記主禅師良忠上人(きしゅぜんじりょうちゅうしょうにん)の弟子になり、浄土教学を学んで、「一向」と名乗り、35歳の時に諸国に遊行(お念仏の教えを広めに行く事)に行かれます。

 

前回の和尚のひとりごとNo117で一向上人を法然上人の曾孫弟子と紹介しましたのは、法然上人― 聖光房弁長上人― 記主禅師良忠上人― 一向上人と知恩院の浄土宗の教えを受け継いでいるからです。

文永11年(1274年)大隅八幡宮に詣でた時に、神託を受け踊り念仏を始めました。

それ以来、九州 四国 北陸方面まで回国行脚し、弘安6年(1283年)に近江国(滋賀県)に入り、地元の有力者であった土肥三郎元頼の支援を受けて、蓮華寺を開きます。

 

弘安10年(1287年)、49歳の時、蓮華寺にて、病を得て床に臥しますが、臨終の際、立ち上がり、数百遍念仏を称えて笑みをふくみながら立ち姿のまま往生されたと伝わっています。

 

そのお姿は、「立ち往生」といわれ、現在に至るまで、尊崇されています。